屋外で育てられる観葉植物(ゴールドクレスト)

屋外で育てられる植物_ゴールドクレスト
未分類

さて今回は、、、屋外に設置する観葉植物の中でも冬によく見られる植物の代表「ゴールドクレスト」を紹介出来ればと思います!!

クリスマスツリーのとしてもよく利用されており、レストランを筆頭にあらゆる施設の玄関前などでイルミネーションを飾り付けたりしながら私たちを楽しませてくれていますね。

また別名「コニファー」とも呼ばれており、ホームセンターなどでも容易に購入できることから広く一般的に知られており自宅のお庭などで育てられています。

屋外で育てられる植物_ゴールドクレスト

葉っぱから、独特の香りを放つのもゴールドクレストの特徴で嗅いでみると分かると思いますが、森の匂いがします。

これはリラックス効果や消臭効果があると言われており、ゴールドクレストはこの匂いを発散することによって自然界で外敵から身を守っているそうです。

ゴールドクレストは上述したとおり、屋外に設置することが基本です。室内でも育てることができなくはないですか、一般的な観葉祝物と比較するとその難易度は上がります。

まず、日光を欲しがるため日陰はNGで必ず窓際、それも直射日光の当たる場所に置くことが必須条件です。

また、乾燥した空気が当たるような場所(室内だと空調の風が直接当たるような場所)ですと葉が必要以上に乾燥してしまい、葉がかさかさになって枯れてしまうことが多いです。そのため、室内の場合は必ず霧吹きをして葉に一定の水分を与えてあげないと健康に育てるのは難しいでしょう。

また、夏場にも注意点がいくつかあります。

ゴールドクレストは乾燥に強いという特徴がある一方で高温多湿には弱いため注意がひつようです。乾燥を怖がり水やりをしすぎると群れてしまい枯れてします原因になります。

そのため気持ち乾燥気味を意識するようにしましょう。

逆に言うと寒さ・乾燥には一定程度強いので夏場を乗り越えると健全に成長することが多いといえます。

植え替えについては、慎重に行うようにしましょう。ゴールドクレストは他の観葉植物と比較して根っこが粗いと言われています。そのため、土などを払う際にはいつもより慎重に、そして植え替えの回数があまり多くならなくて良いように大きめの鉢に移し替えておくと良いでしょう。

さてさて、ゴールドクレストについて簡単にまとめてみましたがいかがでしたでしょうか。

円錐の形をしたものが多いですが、中にはトピアリー仕立てになっているものもありますので、もし「今の形に飽きた!!」というのであれば思い切ってスタイルチェンジをしてみても面白いかもしれません!!

 

No Comments

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

屋外で育てられる植物_オリーブ
未分類
屋外で育てられる観葉植物(オリーブ)

最近では、会社でもご自宅でも観葉植物を飾るのが昔に比べてずいぶんと一般的になってきました。これは、「働き方改革」の一環としてオフィス内の環境を整えたり、お洒落な自分の部屋を公開しあうようなアプリの登場などが影響を与えているように個人的には感じています。 そのため、インターンネットで検索をしてみると、屋内での観葉植物の育て方やオススメの種類、購入方法、(オフィスの場合だと)植物レンタルなどなど、あらゆる手段・情報を容易に入手できるようになってきているようです。 そんな中、一定の方々は「部屋の中は狭いし、虫が出たりするのが気になるから、家の前に置きたいなあ、、」「レストランを経営しているのだけれど、その場所を通る人達がお洒落だな!と思ってもらえるようにお洒落な観葉植物を置いてみたいなあ、、」といった、思いを持っていらっしゃるのでは無いでしょうか。 今回はそんな少しニッチなお悩みに回答出来ればと思います。 そもそも、観葉植物は亜熱帯地域に生息しているものが大半のため「暑さに強く、寒さに弱い」性質のものが非常に多いです。そのため、選ぶ植物を間違えると、冬場寒さに耐えることができずからしてしまう、といったことが起こります。 観葉植物は10度を下回ると寒さに耐えられないものが出始め、2度を下回るとほとんどの観葉植物が枯れてしまうと言われています(徐々に寒さに慣らしていくことで、多少下回っても枯れなくすることもできます)。 そのため、屋外に観葉植物を置く場合、前提として屋外の環境でも問題なく生育し、その上でお洒落なものを選ぶ必要があります。 そこで私のオススメは、、、みなさんも知っているかと思いますが「オリーブ」です。 オリーブは寒さ・乾燥に強く、害虫もつきにくいため、初心者の方でも簡単に育てることができます。また、なんといってもオススメなポイントはその美しい見た目です。 観葉植物は一般的に緑色の濃いものが多いですが、オリーブは遠くから見るとうっすらと銀色に見えます。そのため、外観を意識する高級イタリアン・フレンチレストランに飾られているのを見たことあるのではないでしょうか。 また、形が崩れにくく、少し伸びてきたなと感じても少し剪定してあげるだけできれいな形を取り戻すことができるので、もし屋外用の観葉植物を探されているようであれば、オリーブを検討してみてはいかがでしょうか。 ほかにもいくつかオススメの観葉植物がありますので、別のページにて紹介できればと思います。  

屋外で育てられる植物_ソテツ
未分類
屋外で育てられる観葉植物(ソテツ)

「ソテツってなに??」 「砂鉄てきな?」 ソテツというと初めて聞いた人なんかは頭の上に??が浮かぶのが想像つきます。 ⇓まず見た目はこんな感じです⇓ よく見る場所としてはホテルが多いです。 賛否両論ある「ソテツ」は見た目が気持ちわるいという人とすごいおしゃれという人 この2パターンに別れます。 観葉植物は屋外で育てる植物が限られている中で「ソテツ」は屋外でも育てることが可能なのです。 使い方や育ち方の珍しい「ソテツ」なんかは下の画像のようになります ここまでいくと観葉植物と普段から接している人にとっては「すごい!」の一言につきます 「ソテツ」は有名なテーマパークでも使われますし、有名ホテルでも使われるぐらい 高い値段でも取引されています。 そんな「ソテツ」の育てかたを今回は紹介していきます。 ・購入するときのソテツの選び方 まず、どの観葉植物にも言えますが設置箇所によって大きさを確認しましょう。 部屋に設置予定ならおそらく4寸の大きさを選ぶと思います。 屋外なら10号鉢でしょう。 10号鉢以上トテツモなくでかいので車で購入しにいくのをおすすめします 軽トラなどを持っているのなら軽トラを使いましょう。 金額としては10号で2万円は超えてきます。 なかなかのお買いものですが、そこそこ頑丈な植物なので初心者でも手が出しやすい植物になっています。 ・水やりの頻度とあげかた 乾燥に強い植物なので水やりの頻度はだいたい屋外であれば7日に1回の水やり頻度でいいかと思います。 夏場と直射日光があたるのであれば5日に1回くらいになるかと思います。 そのくらい乾燥に強いのです。 初心者でも安心して育てられます。 水のあげかたは土全体にバシャーとかけてあげてください。 基本的な決まりはないので鉢の下から出るくらいまであげれば大丈夫です。 ・剪定部分と方法 葉を切ればきるほど丈が伸びていきます。 フェニックスと同様です。 代謝で下の葉が茶色くなると思うので気になる方は切ってください。 ・寒さ対策は? 沖縄や九州の出身植物なので寒さにはそんなに慣れていないです。 外の環境になれるようにしてから外に設置すれば問題ないのですが いきなり最初から設置すると枯れる可能性が高いです。 なので寒い時期は屋内にいれてあげたりしてください。 ・実は日本じゃないところでもみることができる 日本ではなく、オーストラリアやアメリカにも自生しているようで 迫力満点のソテツを見ることもできると思います。 以上がソテツについててでした。 私はとてもすきなのでおすすめします!  

屋外で育てられる植物_人参
未分類
1
屋外で育てられる人参の歴史と育て方について

おそらく、「子供のとき嫌いだったけど大人になったら食べれた!」「いまもまだ食べれない」など 人参は食卓の話題に必ず登場する野菜です。 そんな人参について今回は書いていきます。 まずに、人参ってどこから日本にきたの? そもそも人参の祖先はどこの国なの?から紐解いていきます。 そして後半では育て方について詳しく書いていきます。 「人参といえば高麗人参だから韓国ではないの?」とおもわれるかたも多いはず 実は違うんです。 人参はアフガニスタンが原産といわれています 中東のアフガニスタンから東と西に人参が広がっていったそうです。 そして2種類の人参が別れました。 東に流行した人参は「東洋にんじん」西に流行した人参は「西洋にんじん」 東洋にんじんは赤くて細身、西洋にんじんはオレンジ色で太いのです。 スパーとかでもよく見る人参は西洋にんじんの仲間ですね 日本でも東洋にんじんは作られているみたいですが、生産が難しく一部のみみたいです。 実は高麗人参は西洋にんじんかと思われる方も多いとおもうですが、高麗人参はにんじんではないそうです。 ウゴキ科という属性でセリ科の人参とは全く違う種類になるそうです。 2000年以上前から高麗の山岳地帯に自生していた高麗人参は人が入れないような土地に生えてくるため今、流通しているほとんどが栽培されたものだそうです。 昔から重宝されてきた高麗人参は高麗のお偉いさんに貢がれていた記録や健康食品として食べられていた記録もあるそうです。 歴史上の人物ではローマ法王やエリザベス女王も関心を寄せたそうです。特にローマ法王は好きすぎて他国の大使の間でブームを起こさせたほどだそうです。 育て方は屋外で種まきの2週間前から完熟堆肥、苦土石灰および元肥をまいてよく畑を耕します。 幅2~3cm、深さ1cmほどの溝を作り、種まきは2~3mm間隔でまきます。 そのあとにたっぷりと水とやり5日~10日の間で発芽するまで乾燥させないようにします。 三寸ニンジンはタネをまいてから100日程度、四寸、五寸ニンジンは110~130日程度で収穫期になります。 収穫が遅れると根が割れてしまうそうです。 簡単に説明しましたが、やると分かるかもしれませんがやはり重労働です。 そして屋外なので寒さもあります。なかなか大変だと思います。 ほかページでは屋外でも育つ植物についてふれています。 例えば観葉植物なんかはインテリア性も高くアパレルや美容室にも人気なんだけども 暖かいところ出身だからなかなか手が出しづらい人もいると思うので 外でも育てられる植物について書いているので見てみてください